出産手当や産休の基礎知識

「出産手当金」とは

産休中の働くママの援助になる「出産手当金」制度は産休中の給料のかわりに健康保険から支給されるものです。

 

社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトとして働く人も健康保険に加入していればもらえます。

 

法律で定められている産前42日間と産後56日間の休んでいる間はほとんどの会社で給料がもらえないので、休んでいる間の生活を援助するために出産手当金の支給を受けられることになっています。

 

勤務先で健康保険に加入していて産休中も健康保険に加入し続けることで支給を受けられます。

 

これは産休中の給料の代わりということで産前産後休業・育児休業後に仕事に復帰しようとするママを支援することが目的の手当なのです。

 

2007年4月から退職後半年以内に出産された方と健康保険を任意継続した方は支給対象にはなりませんのでご注意ください。

 

出産手当金は休んだ日1日あたり標準報酬日額の3分の2を受けとることができ上限はありますけどそれまでの毎月の給料から算出するので給料が多い人ほど出産手当も多くなるということになります。

 

会社から産休中に給料が支払われる場合は注意しないといけません。

 

出産手当金と産休中の給料を両方はもらえないしくみになっていて産休中でも給料が支払われる職場の場合は出産手当金から産休中に支払われた給料分を差し引くということになります。

 

そのため給料を標準報酬日額の3分の2以上もらっている人は出産手当金をもらうことができないのです。

 

このように当サイトでは出産〜育児まで様々な手続きや出産手当や産休の基礎知識などをご紹介していきたいと思っています。


産休、育休中にキャリアアップを図りましょう

 

女性労働者が産休を取っている場合、出産手当金を受け取ることができます。

 

この出産手当金を受け取り、仕事を休んでいる内は仕事のことを一切忘れ、家事や育児に専念したいという気持ちは良くわかりますが、できるだけ職場のメンバーと連絡を密に取るようにしましょう。

 

今はインターネットがありますし、メールでも情報交換をすることができます。

 

ですから自宅にいながらも、業界や会社に関することはある程度入手することができます。

 

もちろん育児をしている時は大変ですので、まとまった時間はなかなか取るのが難しい場合もあるとは思いますが、職場に戻る2ヶ月前くらいからは、少なくとも細切れの時間を活かして仕事脳を作り上げていきましょう。

 

それに産休、育休の間は時間がたくさんありますので、勉強するのにとても良い機会です。

 

特に産前1.5ヶ月くらいの時は、赤ちゃんの成長に問題がなければのんびりと時間を使ってしまうのはとてももったいないと思いませんか。

 

この時期は、自分のためだけに時間を使う事ができる本当に最後のチャンスとなりますので、ぜひ後悔のないようにしてください。

 

最もやってはいけないのは、休職している間をブランクに変えてしまうことです。

 

仕事を休んでいる間でも、勉強を続け、キャリアアップのチャンスを逃さないようにしましょう。

 

また、職場復帰の際に注意しなくてはならないことがあります。

 

妊娠中や休職中は、少なからず職場の人に迷惑をかけてしまいます。

 

ですから職場復帰する際には、迷惑をかけたことを伝えましょう。

 

そして職場復帰を願っているのは、他でもない自分自身です。中には復帰を特に望んでいない人もいますので、勘違いしないようにしてください。

 

それにお子さんもママと一緒にいたいと思うはずです。

 

ですから、職場の人に、職場復帰をすることができてありがたいという気持ちをしっかり表すようにしてください。